アトピー覚書ブログ

成人型アトピー 脱ステ・脱保湿患者のブログ

標準治療を批判するということ

世の中には、ステロイド薬を使用している人がたくさんいます。 

自己免疫疾患のみならず、アトピー性皮膚炎でも、ステロイド薬を必要として、使用している人たちがいます。

炎症を抑えるメリットがあります。

ですから、ステロイド薬は必要な薬だと思います。

 

けれども、

ステロイド治療を行うことと、

ステロイド治療を標準治療として行うこととは、

だいぶん違う話です。

 

私は、

ステロイド治療を批判しませんが、

ステロイド治療を標準治療として行うことには批判的です。

なぜなら、ステロイド治療には、ステロイド外用剤依存などのリスクがあるかもしれないからです。

ステロイド治療を受けた患者のなかで、コントロール不良となるサブグループの存在が示唆されています*1

 

ステロイド治療を標準治療にするということは、

全国津々浦々で、ステロイド治療が施されるということです。

医師は、標準治療であるという理由から、ステロイド治療を推奨するでしょう。

治療を選ぶ権利は患者にあるとはいうものの、標準化された治療を拒むことは、なかなか難しくなります。

ステロイドがもつメリットやデメリット、ステロイドが合う合わないというレベルの話ではありません。

それらをひっくるめて、全国の患者に対し、一律にステロイド治療が推奨されるということなのです。

 

私はいわゆる脱ステロイド患者です。

ステロイド治療の標準化がさらにすすめば、脱ステロイド患者の立場は、ますます弱いものとなるでしょう。

皮膚科学会は、標準治療ではない治療を、とりわけ脱ステロイドを、不適切な治療として認めようとしないでしょう。

マスコミは、標準治療やガイドラインなどの "科学的根拠のある" 治療を積極的に紹介し、脱ステロイドを根拠のないものとして注意を呼びかけるでしょう。

医師は、患者がステロイドで過去に辛い思いをしたと訴えても、きちんと標準治療を受ければ副作用はないとして、ステロイド治療を押し付けてくるでしょう。

ステロイド治療にはリスクがあるにもかかわらず、です。

 

標準治療が広まるということは、治療の選択肢として、脱ステロイドなど行うことが難しくなるだろうということです。

ですから私は、脱ステ患者として、

「リスクのあるステロイド治療を標準治療とすること」

に対して、当ブログで否定的な意見を述べています。

少なくとも、治療側は、患者に対してリスク情報を事前に知らせるべきです。

 

このような考え方をするのは、かつてステロイド治療でステロイド外用剤依存やリバウンドなどを経験したからです。

ステロイドが合う人もいるのだから、ステロイドが悪いものと、自己の経験だけで決めつけるのは良くないと考える人もいるかもしれません。

繰り返しになりますが、私は、

「リスクのあるステロイド治療を標準治療とすること」

を批判しています。

ステロイド治療が合う人がいることは知っています。自由に治療してもらったらいいです。メリットもデメリットも、自己責任で引き受けたらいい。

しかし、それを標準治療とするかどうかは別の問題です。

 

また一方で、ステロイドの副作用を、経験者のほかに誰が指摘できるでしょうか。

 

私は、ステロイド治療を批判するつもりはありません。

一方で、リスクをはらむ治療を安易に標準化することには否定的です。

一定の割合で、誰かが貧乏くじを引く可能性がある治療をスタンダードとするには抵抗があります。

標準という言葉には、思いのほか重みがあると考えています。

 

f:id:atopysan:20170727012144j:plain

*1:Furue M et al. Clinical dose and adverse effects of topical steroids in daily management of atopic dermatitis. British Journal of Dermatology Volume 148, 2003.