読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アトピー覚書ブログ

成人型アトピー 脱ステ・脱保湿患者のブログ

アトピーの完治を謳う人々

あまりこういうことを書くのは気が進みません。

しかし、自分の考え方をまとめるために、書き記すことにします。

 

アトピー性皮膚炎は、治らない病気とされています。現在のところ、その原因は不詳で、完治させる治療法は見つかっていません。

例えば、日本皮膚科学会のアトピー性皮膚炎診療ガイドラインには、次のように書いてあります。

アトピー性皮膚炎は,一般に慢性に経過するが,適切な治療によって症状がコントロールされた状態が長く維持されると,寛解も期待される疾患である.

アトピー性皮膚炎は遺伝的素因も含んだ多病因性の疾患であり,現在,疾患そのものを完治させうる治療法はない.*1

 

アトピーを長らく患っている人であれば、あえて口に出さずとも、アトピーが治らないことを、暗黙の了解として受け入れていることと思います。

ですから、そうした患者は、

  • 「アトピーが治った」
  • 「アトピーが完治した」
  • 「アトピーを根治した」

などとは決して言わず、

  • 「アトピーが改善した」
  • 「アトピーの症状が出なくなった」
  • 「アトピーが寛解した」
  • 「アトピーをコントロールできている」

などの表現を用います。

「アトピーを克服した」でも良いでしょう。「アトピー完治への道」も、やや微妙ですが、問題ないと思います。

また、「リバウンドが治った」、「ステロイド皮膚症が治った」、「アトピーの炎症が治った」などの表現も理解されることでしょう。

細かい指摘かもしれませんが、アトピー患者はこうした表現に自覚的であると思います。

なお、子供のときに症状が出ていても大人になるまでに治っていたような、かつての古典的アトピー性皮膚炎については、「完治」ないし「自然治癒」していたと考えてよいと思います。

 

f:id:atopysan:20160916202347j:plain

 

これだけ医学が発達しても、アトピーを治す治療法が未だに見つからないことは、残念なことです。

とはいえ、ステロイド外用薬等によって、アトピーに付随する炎症を抑えることは可能です。

そのため、日本皮膚科学会が推奨しているのは、対症療法によって、日常生活に支障が出ないように症状をコントロールするという対策です。

医師も患者も、アトピーが治らない病気という考えでは一致していると思われます。それは標準治療に関わる人であろうと、脱ステロイドに関わる人であろうと、変わりはありません。

決してネガティブな考え方をしているわけではないのです。皆アトピーを治したいという強い気持ちをもっていることでしょう。

ただ、アトピーについて正しく認識しておいた方が合理的であろうということです。そのうえで対策を立てる方が効率的でもあります。

このように、わたしは、「アトピーが完治した」という表現を用いるのは、アトピー患者ではなく、アトピー患者を標的とした悪徳商法を行う者のみが用いる常套句であると認識してきました。

 

ところが、最近、悪徳商法を行う者ではなく、アトピー患者自身がアトピーの完治を謳うケースを見る機会が増え、複雑な心境に陥っています。

例えば、アトピー患者のブログは山ほどありますが、タイトルに次の言葉が用いられているものがあります。

  • 完治の過程
  • ○日で完治
  • 完治体験記

などです。

なぜ彼らは自らが完治したと考えるのでしょうか。あるいは、なぜあえて完治という言葉を使うのでしょうか。

繰り返しますが、いわゆるアトピーを長く患っていればいるほど、この病気が完治することはないという現実を身をもって知っているはずです。

ステロイドでうまく症状を抑えていても、何らかの悪化因子が働いて一時的にランクを上げざるを得ないほど悪化してしまったり、小康状態を保っていても日々保湿剤でケアしなければ調子が悪くなるという人もいるでしょう。

はたまた、脱ステロイドをして離脱症状から脱したとしても、何かのきっかけで二度三度リバウンド様の悪化を経験したり、離脱から長期経過していても季節の変わり目などで悪化したりする人もいるかと思います。

ですから、完治を謳う人たちは、こうした経験をしたことがないのではないか、本当はアトピー患者ではないのではないか、と疑ったりもします。

また、完治を謳うような患者のブログでは、大抵アトピーに良いとされる特定の商品が紹介されています。完治という魅力的な言葉で誘い、アフィリエイト等を含め、顧客を集めたいのでしょうか。

アトピー患者による商売であれば、不愉快ではありますが、それはそれで理解できる行動です。

 

しかしながら、最近、どうしても理解できない出来事がありました。

「アトピーが治った。」というそのものずばりのタイトルの本が出版されたことです。あまりにもストレートな表現。しかも、この本は医師の監修を受けているのです。

私にとっては衝撃でした。アトピーは治らないものという共通認識、アトピーを知る者であれば、誰もがその言葉は用いるべきではないと、踏みとどまらせていた心の閾値とでもいうべきものが、あっけなく、いとも易々と、乗り越えられていたからです。

直截的な表現の方が本が売れるからでしょうか。あるいは、私が暗黙の了解と考えていたのは、ただの思い込みだったのでしょうか。世の中のアトピー患者は、このタイトルを見てどう感じているのでしょう。

藁にも縋る思いのアトピー患者やその家族が、このタイトルを見てぬか喜びをし、後で落胆するようなことはないのでしょうか。

一般の人、特に家族や親戚、職場の同僚らが、アトピーは治る病気だと勘違いして、いつまでも治らない患者に対し、冷たい視線を浴びせるようなことにはならないのでしょうか。

本のタイトルから受ける印象は、不愉快というよりも、不可解なのです。なぜ、このタイトルを選んだのか。

 

一方で、アトピー性皮膚炎に関する、次のようなタイトルの本があります。

「患者に学んだ成人型アトピー治療

―難治化アトピー皮膚炎の脱ステロイド・脱保湿療法」

 

もう一冊示します。

「ステロイド依存―ステロイドを止めたいアトピー性皮膚炎患者のために」

 

これらの本は、そのタイトルから、著者の思いが伝わってきます。それだけでなく、いまアトピーをめぐる世界で何が問題なのかが、適切に言い表されていると思います。

翻って、完治云々の言葉を目にすると、拍子抜けというか、先人たちがこれまで積み重ねてきた貴重な報告が、世に響かなかったのかという寂しい気もするのです。

しかし、出版の自由がありますし、受け入れる患者がいるのなら良いことなのかもしれません。

 

さて、当サイトでは、アトピーは治らない病気という前提のもとに文章を記しています。アトピーを完治させる情報は一切掲載されておりません。

一方で、アトピーの完治を謳う人々、営利企業をスポンサーにつけたり、効果の裏付けに乏しい商品を販売する人々とは一線を画しているつもりです。その立場から、今後も細々とブログを更新していきたいと思います。

*1:アトピー性皮膚炎診療ガイドライン2016年版