読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アトピー覚書ブログ

成人型アトピー 脱ステ・脱保湿患者のブログ

標準治療患者によるアドバイス

アトピー患者によるアドバイス

アトピー性皮膚炎という病気は治らないものとされています。

ですから、アトピー患者のうち症状がある程度改善した人は、治らないものが治ったという経験者としての自負が強くなり、他人にも知らせたいという気持ちが起きてきます。さらには、それだけにとどまらず、他人にアドバイスしたいと考えるようになる人もいます。

私は、その人にとって良いものが他の人にとって良いものとは限らないので、アトピー患者によるアドバイスやカウンセリングは多くの場合有効ではないと考えています。まして、そのためにお金を払うことは私には信じられないことです。

しかしながら、個人的には、脱ステロイドおよび脱保湿というステロイドの負の影響から脱する方法や、ステロイドに頼らない温泉療法は、少なくないアトピー患者に効果があるものと考えているのも事実です。ですから、他のアドバイスは話半分に聞き流しながらも、これらの療法については、アドバイスに耳を傾けたり、気が向いたら試してみるのも良いかと思います。

 

標準治療者によるアドバイス

ところで、上記のようなアドバイスとは全く別のものとして、私がいつも眉に唾をつけて聞いているのが、標準治療患者によるアドバイスです。

標準治療患者とは、ここでは、日本皮膚科学会の掲げる標準治療を受けている患者をいうことにします。標準治療の内容は、「入浴と保湿のスキンケア」、「炎症を抑える薬物治療」、「悪化因子探しと対策」の3本柱です。ごく端的にいえば、ステロイド外用薬による治療を行っている患者です。

この標準治療患者によるアドバイスの内容は、次の2つに大別できます。

  1. ステロイド外用薬等の使用方法についてのアドバイス
  2. それ以外のアドバイス

1. は、ステロイドやタクロリムス、保湿剤の塗り方、その塗布量や塗布頻度、使用感などが主な内容で、「ステロイドに依存することはないので怖がることはない」「怖がらずにしっかり塗るのが正しい塗り方だ」云々といった皮膚科医からの受け売りを含みます。

それはそれとして、2. については、眉に唾をつけて聞かなければならないと考えています。

具体的には次のような内容です。

  • 食事療法
  • サプリメント
  • アレルゲン対策
  • 感染症対策
  • その他もろもろのアトピーに良いとされる対策

 

全てはステロイドの上に成り立っている

なぜ、私が標準治療患者によるアドバイスを冷静に判断すべきと考えているのでしょうか。

それは極めてシンプルな理由ですが、症状改善の結果が、単にステロイド外用薬の効果による可能性が高いからです。

例えば、標準治療患者が、食事制限をして改善したと実感したとしても、実は食事制限の影響は関係がなく、ステロイド外用薬の抗炎症作用の効果による改善である可能性が高いということです。

同じように、標準治療患者が、

「ダニ対策をして良くなった」
「花粉対策をして良くなった」
「ストレスを解消して良くなった」
「このサプリを飲んで良くなった」

などの諸々の対策の効果を謳ったとしても、それらすべてステロイドありきの改善ではないかと疑ってしまうのです。

 

f:id:atopysan:20160826184010j:plain

 

悪化因子対策をして効果を得ていたと信じる標準治療患者が、ひとたびステロイドを完全に中止すれば、その悪化因子は牙をむいて襲いかかってくることでしょう。

そんなにステロイド外用薬の影響が大きいのかと疑問に思われる方には、「はい、大きいです」としか言いようがありません。かつてステロイドを使用した者としての実感を述べると、ステロイドの絶大な抗炎症・免疫抑制作用は、他の影響を吹き飛ばして余りあるほどの力を持っています。

ステロイドを毎日塗っているわけではないという人でも、ステロイドが手放せないのであれば、症状の維持はステロイドに拠っているところが大きいと思われます。毎日の連用、間欠的使用、悪化時のみの使用など頻度を問わず、ステロイドを完全に中止しようとすると症状が再燃するのであれば、ステロイドがなくてはもたない体になっている可能性があります。年に数回のステロイド使用でも、リバウンドを起こす患者の例もあります。標準治療患者の症状はステロイドという因子に左右されるといっても言い過ぎではないでしょう。

 

標準治療における「悪化因子探し」の難しさ

ステロイドという因子の影響が大きいために、標準治療の3本柱のうち、「薬物治療」と「悪化因子探し」が両立するのかという問題があります。

「薬物治療」すなわちステロイド外用薬の使用によって、十把一絡げに免疫反応が抑制されて皮疹は速やかに消失するので、「悪化因子探し」をする暇がないかもしれないからです。なかには、症状の維持に安堵して、わざわざ悪化因子探しをしようという気が起こらない人もいるでしょう。また、今流行りのプロアクティブ療法を行っているのであれば、症状が悪化するということもないので、悪化因子を探しようもありません。

加えて、皮膚科診療における「悪化因子探しと対策」に関しては、実際に効果的な対策が行われているか疑問です。皮膚科ではほとんど塗り薬が処方されるだけだからです。ダニ対策、カビ対策、感染症対策など、アトピー患者が対策すべき事柄は多岐にわたりますが、それら対策の具体的な方法を皮膚科医から指導されたことのある患者がどれだけいるでしょうか。ほとんどいないと思います。私自身、皮膚科医から「ダニやホコリ対策もしておいてくださいね~」くらいのことは言われたことはあります。その程度です。

したがって、事実上患者は自ら対策を講じなければならないわけですが、標準治療を受けている場合は皮膚炎の悪化を経験することが少なくなると思われるので、悪化因子探しがおろそかになるだろうことは、先程述べたとおりです。

以上まとめると、標準治療患者が症状の悪化原因をある因子に求めたとしても、それが本当の悪化因子であるかは大いに疑問であり、加えて症状改善の理由はステロイドによるところが大きいと考えられます。したがって、標準治療患者よるステロイド外用薬等の使用方法以外のアドバイスは眉に唾をつけて聞くべきと私は考えています。

 

このように書くと、標準治療患者は「そんなことはない」と機嫌を損ねるかもしれません。それならば、今日からでもステロイド外用薬等を完全に中止したら良いと思います。悪化因子対策が完璧にできているのであれば、ステロイド外用薬等は必要なく、中止により症状が悪化することもないはずです。症状悪化を一様に原疾患の悪化とみなす標準治療の考え方に則ればそのような結論となるでしょう。

なお、脱ステロイド派は、ステロイド外用薬等が最大の悪化因子であろうと認識しており、ステロイド外用剤依存のために中止後のリバウンドによる症状悪化が生じ得ることも認識しています。

私見では、皮膚科医の考える悪化因子対策とは、ステロイド外用薬等を使用していても悪化を招くような強力な悪化因子に対処しようとするものであって、ステロイド使用により潜在化する因子までは気にかけていないと思います。アトピーは治らないので、ステロイドで生活できる程度にコントロールできれば良いでしょうというスタンスです。そのように、真の悪化因子に対して真摯に向き合わないという意味においては、標準治療は治療放棄行為といえるでしょう。

 

中立的立場?

標準治療患者と脱ステロイド患者の間に溝が横たわっていることは、患者であれば周知の事実と思います。私は両者が分かり合うことは難しいと思っているので、それぞれ別疾患の患者グループとみなして距離を置いた方がお互いのためだと考えています。両者が論争しても無意味だと思いますし、両者間のアドバイスも無意味だと思います。

ところが最近、標準治療患者であろうと脱ステロイド患者であろうと、どちらの患者も「アトピー性皮膚炎」に悩まされているのは同じなのだから、アトピー性皮膚炎に関する有益な情報は共有しようという中立的な立場を示す意見をちらほら見かけるようになりました。

個人的には理解できない考え方です。なぜなら、ある患者が「アトピー性皮膚炎」であるかどうかは、今のところはっきりとわからないからです。アトピー性皮膚炎とは何でしょうか。私は私自身がアトピー性皮膚炎であるかどうかわかりません。ステロイドの後遺症に悩まされていることは自覚しています。

例えば、ある患者が軽い湿疹にステロイド外用薬を処方され、塗っているうちに重症化したので、ステロイドを中止した後、リバウンドを経てすっかり治ってしまったのであれば、その患者はアトピー性皮膚炎ではなく「ステロイド誘発性皮膚炎」により重症化したことが推測されます。そうであれば、アトピー性皮膚炎患者としてカテゴライズする意義は全くなく、絶対的に脱ステロイドを行うべきであったということができます。

 

標準治療患者は免疫抑制剤を使用することで免疫システム異常を抑制しようとする患者であり、脱ステロイド患者は免疫抑制剤の負の影響から脱して免疫システムの正常化を目指す患者といえます。症状に最も影響を与える因子が免疫抑制剤であることは論を俟たないでしょう。

中立的立場といえば聞こえはいいですが、それは最大の因子である免疫抑制剤、すなわちステロイド外用薬等を脇に置くということで、問題解決から遠のくことに他なりません。ステロイドから目をそらし、食事、環境アレルゲン、ストレスなどの因子に目を向けてみても、これらの影響は相対的には小さなものにすぎません。私の眼には、心身医学的アプローチというものは、その意義をすべて否定はしませんが、ステロイドと向き合うことから逃げているように映ります。

「どうしたらアトピーが良くなるか」と問うても、それに答えるのは至難であり、現実的ではありません。なぜなら、アトピーとは何かが曖昧だからです。また、心の問題として捉えるのは、問題の矮小化です。より現実的な問いは、「どうしたらステロイドの副作用から脱せるか」あるいは「どのようにステロイドで症状を抑えるか」ではないでしょうか。

事ほど左様に、中立的立場からのアドバイスというものは、毒にも薬にもならない中途半端なものになるだろうと、個人的には思います。

 

ともあれ、標準治療患者と脱ステロイド患者は、互いに距離を置いておけば良いと考えるのですが、どうしても捨て置けない標準治療患者によるアドバイスがあります。それは、ステロイドを使用したくない患者あるいは使用したことがない患者に対して(特にステロイド使用経験のない乳幼児)、ステロイドを使用すべきと推奨するものです。

この問題については稿を改めて記したいと思います。