読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アトピー覚書ブログ

成人型アトピー 脱ステ・脱保湿患者のブログ

コラーゲンサプリの効果はいかに

はじめに

過去の記事「セラミドサプリの効果はいかに」において、コラーゲンを経口摂取した場合では皮膚への有効性が期待できないことについて少し触れました。アトピーとの関係性が高いとも思われず、詳細に検討する必要がないようにも感じるのですが、補足として記しておきます。

 

コラーゲンとは

コラーゲン(ドイツ語: Kollagen、英語: Collagen)は、主に脊椎動物の真皮、靱帯、腱、骨、軟骨などを構成するタンパク質のひとつ。多細胞動物の細胞外基質(細胞外マトリクス)の主成分である。体内に存在しているコラーゲンの総量は、ヒトでは、全タンパク質のほぼ30%を占める程多い。また、コラーゲンは体内で働くだけでなく人間生活に様々に利用されている。ゼラチンはコラーゲンを変性させたものであり、化粧品、医薬品など様々に用いられている。*1

コラーゲンはたんぱく質の一種です。皮膚では、基底膜や真皮の細胞外マトリックスに存在し、真皮ではその70%以上を占めているとされます*2

また、「コラーゲン」は、「ヒアルロン酸」「セラミド」とともに三大保湿成分といわれており、絶大な広告効果をもっています。

なお、健康食品などにコラーゲンとして配合されているものの多くは「コラーゲンペプチド」です。

生体内で線維を形成しているコラーゲン分子は三重らせん構造をしており,分子量は約30万である。これを加熱変性させて抽出したゼラチンは,部分的な加水分解を受けているため,分子量が数千から数十万と幅広く,不均一である。このゼラチンを,蛋白分解酵素によって更に加水分解し,分子量数百~数千としたものがコラーゲンペプチドである。健康補助食品の成分として利用されているのは,ほとんどがこのコラーゲンペプチドである。*3

 

f:id:atopysan:20160216223728j:plain

 

コラーゲンのサプリをめぐって

「コラーゲン」という言葉を耳にすると、何となく肌に良いというイメージが思い浮かびます。肌の健康を気にする女性への訴求力は絶大なものがあるでしょう。

コラーゲンサプリメントの市場規模が大きいことは、各メーカーが続々と参入してきたことからもうかがえます。コラーゲンは金の成る木なのです。儲かる話があれば、企業としては利用しない手はありません。

コラーゲンのサプリをたくさん売るためには、「お肌がプルプルになります」などの宣伝文句が役に立つことでしょう。しかし、プルプルになるという何らかの根拠を示さなければなりません。

独自の研究で何らかの良いデータを引っ張り出すか、どこかの大学の研究者に協力してもらって(何らかの見返りを供与しつつ)、1本でもいいからエビデンスがあると主張できる論文をひねり出す。そんなことが行われているのかもしれません。

効く効くっていうけど、売ってるメーカー自身が言ってることだから簡単には信用できないよね、という感じです。高度なリテラシーを持たずとも、そのように考えるのが通常の感覚ではないでしょうか。

つまり、コラーゲンを売りたいメーカーや関連団体等から、次々と論文が提出されてくるわけです。その状況でコラーゲンの有効性について判断する場合には、エビデンスの有無よりも、エビデンスレベルの高低をみる必要があると、個人的には思います。

 

3つの記事

コラーゲンの経口摂取の有効性については、情報が錯綜しているわけでもなく、議論があるわけでもなく、利害関係をもたない科学者の多くが疑問を呈している現状にあると思います。

私が探したなかでは、現時点におけるコラーゲンの有効性についてわかりやすくまとめていると感じた記事は次の3つです。

それぞれ、簡単に概要を紹介したいと思います。

 

Wikipediaでの解説

Wikipedia(日本語版)のコラーゲンの記事は、その多くの側面に言及しながらも、よくまとめられています。コラーゲンについて大まかな知識を得るのに適しています。

 

国立健康・栄養研究所による解説

国の機関も、コラーゲンについて特別に情報提供を行っています。「「健康食品」の安全性・有効性情報」というサイト内の「話題の食品・成分」の一覧に「コラーゲンって本当に効果があるの?」と題した文章を掲載しています。

この文章は経口摂取した場合のコラーゲンの有効性を問題にしています。そして、低分子コラーゲン、すなわちコラーゲンペプチドについても言及しており、それが吸収されやすいとしても体内で再合成される保証はないと指摘しています。 

4.「低分子コラーゲン」ならよいのでは?
 「吸収されやすいように低分子にしました」等とうたっている「低分子コラーゲン」なるものも市場に出回っており、いずれも「分子量が500」「分子量が700」などの宣伝をしているようですが、これらも「食べたあと、消化吸収」される過程において、より分子量の小さいアミノ酸やペプチド (アミノ酸が2~3個結合したもの) に分解されることは、他のタンパク質食品と同じです。低分子のコラーゲンはある程度分解されているため、分解・吸収が効率よくおこなわれると考えられます。つまり、「吸収されやすい」のは事実ですが、吸収されたものが、体内で再びコラーゲンの合成に利用されるのかはわかりません。*4

国立健康・栄養研究所は、市販のサプリメント等による健康被害が報告されるたびに、注意喚起を行っています。同研究所がわざわざコラーゲンについてまとめた文章をサイトに掲載しているところをみると、食べるコラーゲンをめぐる状況を問題視していることがうかがえます。

結論としては、コラーゲンを経口摂取した場合の「ヒトでの有効性」については現時点で信頼できるデータが十分に見当たらないとして、様々な食品をバランスよく適量摂取することの大切さを説いています。

 

明治大学科学コミュニケーション研究所による解説

明治大学科学コミュニケーション研究所が提供する「疑似科学とされるものの科学性評定サイト」も、コラーゲンの有効性について評価した文章を掲載しています。

このサイトでは、「“疑似科学”またはそれに準ずるものと疑われるもの」について、これまで判明している知見などの情報により評定を行っているとのことです。

そして、「いわゆる健康食品としてなどの経口摂取におけるコラーゲンの効果」も評定しています。

概要を記せば、理論の観点からは次のような指摘をしています。

  • コラーゲンが分解されたあと再合成されるというのは希望的観測に過ぎない
  • コラーゲンペプチド(低分子コラーゲン)が細胞に対して何らかの「シグナル」を送っており、それが細胞を活性化させているとする仮説は立証されていない
  • ビタミンCを多く採る方が体内での良質なコラーゲンの形成には意味があり、わざわざサプリメントなどでコラーゲンを経口摂取する必然性はない

また、利益団体や企業が先導して研究を進めていること、「シグナル」説など注目される研究もあるが、今はまだ基礎的研究の段階にあることなどを指摘しています。

総評の一部を引用します。

経口摂取におけるコラーゲンの健康有効性については疑いが残るものの、データも提示されている。しかし理論面に関しては全くといっていいほど整備されておらず、その効果についても、過去にはむしろコラーゲン研究者の方が懐疑的だったことは、いわゆる健康食品の言説において珍しいことといえるだろう。
 サプリメントや機能性表示食品などにおいて、消費者は費用対効果(つまり期待される効果に対する対価)を常に念頭に置かねばならず、そういう意味で現在社会にて応用されているコラーゲン製品の多くには批判的にならざるを得ない。*5

 

皮膚弾力性への効果?

コラーゲンの経口摂取に完全に効果がないとも言い切れません。ここで、比較的新しい研究を確認してみます。二重盲検プラセボ対照比較試験による報告です。

研究では、無作為に選ばれた35-55歳の女性69人を3グループに分け、各グループに2.5gまたは5.0gのコラーゲンペプチド(Gelita社のVERISOL)、またはプラセボのいずれかを1日1回8週間摂取してもらうという試験を行いました。

In conclusion, the results of the study clearly demonstrated that the oral intake of a specific CH led to a statistically significant increase in skin elasticity. Moreover, a skin moisturizing effect could be observed in elderly women, although results did not reach a level of statistical significance. In contrast to most topically applied substances this positive effect of orally applied CH on skin health seems to be long-lasting, especially in women over 50 years of age. Overall CH intake over a longer period seems to have a positive impact on skin health. It has to be stated that the demonstrated efficacy refers to the specific CP composition (VERISOL) used in this study and could not be extrapolated to CH in general.

結論として、研究結果は特異的な加水分解コラーゲンが統計的に有意に皮膚弾力性の増加を導いたことを明らかに証明した。さらに、統計的に有意なレベルには達しなかったけれども、高齢の女性において皮膚保湿効果があり得ることが観察された。多くの外用薬とは対照的に、皮膚の健康に対する加水分解コラーゲン経口摂取の好影響は、特に50歳以上の女性の場合に長続きするように思われる。全体として、加水分解コラーゲンの長期経口摂取は、皮膚の健康に有益な影響をもたらすように思われる。証明された有効性は、この研究で使用された特異的なコラーゲンペプチド合成物(VERISOL)によるものであり、一般的な加水分解コラーゲンには外挿し得ないことを述べておかなければならない。*6

この研究結果は、VERISOLのメーカーであるGelita社を喜ばせたようです。また、研究を行ったProkschらは、Gelita社から独立して研究を行ったとしています*7

Prokschらは、同時に、VERISOLの摂取(45-65歳の女性に2.5gを1日1回8週間)により目の皺の量が有意に減少したとする研究も報告しています*8

ただし、この2つの研究で、有意差が認められたのは皮膚弾力性(Skin Elasticity)および目の皺の減少においてであり、 角質水分量(Skin Hydration)、経表皮水分蒸散量(TEWL)、肌荒れ(Skin Roughness)の測定では有意差は認められなかったとしています。肌の張りには良いけれども、皮膚バリアや保湿等に関しては効果が小さいということかもしれません。

また、コラーゲンには数多くの種類があるなかで、この研究結果がVERISOLのみにおいて認められたものであると釘を刺しているところに注目する必要があるでしょう。他のコラーゲンペプチドに皮膚弾力性の改善効果があるかはわからないのです。

Gelita社のシニアマネージャーは、この研究結果を目にして、「科学研究において、このようなレベルで(コラーゲンの)皮膚改善効果が立証されることは稀だ」と述べています。これは、裏を返せば、いかにコラーゲンについて立証された研究結果が乏しいかを物語っています。

 

おわりに

コラーゲンについてメーカーが研究を進めることは自由であるし、エビデンスレベルの高い研究結果が出るならば、それはそれで良いことだと思います。

一方で、なかなか病気が治らない慢性疾患患者の弱みにつけ込み、エビデンスレベルが低く有効性が十分に検証されていないような健康食品等を、自らの金銭的利益のために売り込もうとする者がいるとすれば、憤りを覚えます。

また、コラーゲンはたんぱく質であり、アレルゲンにもなり得ます。 アレルギーを発症するリスクがあるのです。

結局のところ、私のサプリメントに関する話題の結論はいつも同じです。補助食品に頼りすぎては本末転倒であって、バランスの良い食事を摂るよう心がけることが合理的ではないかと考えます。

 

(この記事の内容は2016年2月現在の情報に基づいています。)

(当サイトはいかなる治療法をも推奨するものではありません。また、当サイトに掲載されている情報を利用することにより発生したいかなる損害についても責任を負うものではありません。)

(引用部分の翻訳および赤字による強調表示は当サイトによります。正確な翻訳を期していますが、正確性を保証するものではありません。)

*1:「コラーゲン」(2016年1月9日 (土) 12:07 UTCの版)『ウィキペディア日本語版』。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%B2%E3%83%B3

*2:コラーゲン|化粧品用語集:SCCJ 日本化粧品技術者会

*3:小山洋一, 天然素材コラーゲンの機能性, 皮革科学 Vol.56, No.2, pp.71~79 (2010).

*4:「コラーゲンって本当に効果があるの?」(国立健康・栄養研究所「「健康食品」の安全性・有効性情報」より)

*5:コラーゲン | 疑似科学とされるものの科学性評定サイト

*6:Proksch E et al. Oral Supplementation of Specific Collagen Peptides Has Beneficial Effects on Human Skin Physiology: A Double-Blind, Placebo-Controlled Study. Skin Pharmacol Physiol 2014;27:47–55.

*7:Verisol collagen supplements may offer long-lasting skin elasticity benefits: RCT data By Stephen DANIELLS, 03-Sep-2013.

*8:Proksch E et al. Oral Intake of Specific Bioactive Collagen Peptides Reduces Skin Wrinkles and Increases Dermal Matrix Synthesis. Skin Pharmacol Physiol 2014;27:113–119.