読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アトピー覚書ブログ

成人型アトピー 脱ステ・脱保湿患者のブログ

脱保湿は必要か不要か?

脱保湿の捉え方

脱保湿には賛否両論があるといわれます。脱保湿をして改善する人もいれば、脱保湿をして悪化する人もいるという考え方です。私は、この考え方に従うと脱保湿についての判断を誤るように思います。

まず、そうした考え方からは離れて、脱保湿が必要な人と、脱保湿が必要でない人がいる、というふうに考えたらよいのではないかと思います。「改善か悪化か」ではなく「必要か不要か」という問題です。

そして、脱保湿が必要な人とは、保湿依存症(状態)に陥っている人だと思われます。

 

保湿依存症(状態)とは

脱保湿の提唱者である佐藤健二医師の著書*1 から引用します。

まず、保湿依存症の症状について。

ステロイド外用中に生じる保湿依存症は奇妙な炎症状態である。保湿していると炎症状態をそれ以上悪化させることなく安定した状態にかなりの期間(時には何年も)保持できるが、保湿を中止すると外用ステロイド離脱時と同様の強い炎症症状を起す。

次に、保湿依存症の定義です。

保湿依存症は、ステロイド外用を行った者に生じる現象で、常に皮膚を湿らせた状態に置くことにより、炎症は続いているが皮膚が安定している状態(本人が満足できている状態を意味しない)である。

そして、脱保湿の定義です。

保湿依存症から離脱することを脱保湿という。

つまり、脱保湿とは、保湿剤を使わないこと、のみを意味するのではなく、皮膚を保湿状態にしなければその安定を保てないような状態から離脱すること、と捉えられます。

この場合、水分を過剰に摂取することや、長時間の入浴、化粧、厚着、布団にくるまったりすることなども、保湿に含まれます。

 

ステロイドとの関係

重要な点として、脱保湿は、ステロイド外用薬の使用者に生じる現象とされます。ですから、ステロイド外用薬を使用したことのない人にとっては、脱保湿は無関係のものであり、保湿剤の使用は問題がないという理屈になります。

このことは、多くの女性が毎日スキンケアとして化粧水や保湿剤を使用しても、一般的には問題が生じていないということからも理解できると思います。

佐藤医師によれば、

ステロイド未使用のアトピー性皮膚炎においてワセリンなどの保湿剤で乾燥による痒みを抑えることは、治療の第一選択である。

ということになります。

少しややこしい話ですが、簡単にまとめると、

  • ステロイド未使用のアトピー性皮膚炎患者 → 保湿してよい
  • ステロイド既使用で保湿剤依存症合併患者 → 脱保湿(+脱ステ)

ということになると思います。

 

私が経験した脱保湿の離脱症状

ここまで話が進むと、一般の人からは理解されにくい話であるかもしれません。しかし、脱ステロイド(脱免疫抑制剤)・脱保湿療法を実践している私にとっては、以上のような記述は、納得のいくものばかりです。

私は、脱ステロイド後、かなり時が経過してから脱保湿を行いました。なお、私の脱保湿までの経緯は、過去の記事「私のアトピー歴(その2)」に記しています。

脱保湿をしてから数か月間の離脱症状は、過去のメモを参照すると以下のようなものでした。ちなみに休職しています。

  • ほぼ全身に発疹、皮膚が発赤して熱い、体温は37℃超
  • 首・腕・腹のひどい乾燥
  • 体を動かすと痛い
  • 額と耳からの浸出液が止まらない
  • かゆみは強くないが、睡眠導入剤を飲んでも夜は寝付けない
  • 発汗が大きな増悪因子

本当にひどい状況でした。それでも、まったく外用剤を使っていないところに救いがありました。細菌感染時には、医師から処方を受けて抗生物質を内服しました。

 

脱保湿の経過報告

佐藤健二医師らによる、重症アトピー性皮膚炎患者がステロイド外用薬および外用剤(保湿剤)から離脱した際の経過を報告した論文*2があります。

全患者は32人。28人がステロイドを使用中で、4人がステロイドを中止して外用剤を使用中(リバウンド後)でした。その後の経過は下図(論文から翻訳改変・引用)の通りです。

28人がステロイドを中止すると、急激に皮疹が増悪しましたが、その後、12人で皮疹がほぼ消失、外用剤を継続使用できています。

一方で、残りの16人はかなり強い紅斑を残したままだったため、外用剤を中止しました。ステロイド中止済みの4人も外用剤を中止しました。

すると、急激な皮疹増悪のあと、古典的アトピー性皮膚炎にみられる乾燥した皮疹を軽度残すのみとなりました。ただし、2人は手の皮疹が増悪したためステロイドを使用したとのことです。

f:id:atopysan:20151111005318p:plain

 この図をもう少しわかりやすくしようと試みたのが下図です。

 

f:id:atopysan:20151202210434p:plain

上記の結果は、脱保湿の要不要の観点からは、次のようにまとめられます。

  • 4割は脱ステロイドのみで良くなるため、脱保湿は不要
  • 6割は脱ステロイドのみでは良くならず、脱保湿が必要
  • 脱ステロイドおよび脱保湿により9割が良くなる

他方、佐藤医師がまとめた名古屋市立大学医学部での100人の患者データに基づくと、1割は脱保湿が不要で、9割で脱保湿が必要だったとのことです(うち1割で外用再開)*3 

データの精度に関しては、より大規模な調査が必要なものと思います。ただ、脱保湿が必要な人と、必要でない人がいることについて、こうした報告からおおよそのイメージがつかめるのではないかと思います。 

 

脱保湿を行うということ

私自身は脱保湿を行い、離脱症状を経て、ある程度軽快しました。

しかし、ここで留意していただきたいのは、私は脱保湿療法を推奨するためにこの文章を書いているわけではありません。本稿の目的は、脱保湿が必要な人と、そうでない人がいるのではないか、という考え方を述べることにあります。治療法の推奨ではありません。

私にとって、保湿依存症からの離脱は、筆舌に尽くしがたい、とても辛い経験でした。ですから、安易にそれを他人に勧めることなどできませんし、自己責任でやりましょうなどと言い放つことも誠意を欠いていると感じられます。

ときに、脱保湿について、「非常に悪化するなど危険を伴うので、医師の指導の下で行うことが望ましい」旨の情報を目にすることがあります。

個人的な意見ですが、入院をせずに脱保湿を行うにあたっては、前述したとおり、保湿中止後に尋常ならざる辛い症状が伴うことが予想されますので、医師に診てもらえば大丈夫という甘い考えのみでは乗り切れないように思います。離脱症状は毎日襲ってきますが、医師に毎日診てもらえるわけではないからです。

医師の管理も必要でしょうけれども、それ以上に徹底した自己管理が求められると思います。

 

(関連記事)

脱保湿をいつまで続ければよいのか? - アトピー覚書

脱保湿の失敗例 - アトピー覚書

 (当サイトはいかなる治療法をも推奨するものではありません。また、当サイトに掲載されている情報を利用することにより発生したいかなる損害についても責任を負うものではありません。)

*1:佐藤健二(2014). 患者に学んだ成人型アトピー治療―難治化アトピー皮膚炎の脱ステロイド・脱保湿療法 <新版> 柘植書房新社.

*2:南宏典,佐藤健二,乾重樹,前田知子,田口博康「重症成人型アトピー性皮膚炎患者のステロイド外用剤離脱」皮膚・第38巻・第4号・1996, 440-447

*3:佐藤健二(2014). 患者に学んだ成人型アトピー治療―難治化アトピー皮膚炎の脱ステロイド・脱保湿療法 <新版> 柘植書房新社.