読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アトピー覚書ブログ

成人型アトピー 脱ステ・脱保湿患者のブログ

脱ステロイドになぜ踏み切るのか

募るステロイド薬への不安

なぜ、アトピー性皮膚炎の患者の一部は、治療の第一選択薬であるステロイド外用薬の治療中にもかかわらず、ある日思い立って、脱ステロイドに踏み切るのでしょうか。

これには、ステロイド外用薬を使用した人にしかわからない恐怖があると思います。

私の経験では、最初は劇的なステロイドの効果があったものの、再発を繰り返し、長期連用に陥ってしまいました。

具体的には、だんだんと薬の効果が減弱していくようで、次第に症状をコントロールできなくなりました。皮膚科からより強いランクのステロイド外用薬を処方されたにもかかわらず、塗布量は増えていく一方で、かゆみと炎症はさらに強まっていきました。そして、塗って治しては再発、また塗って治しても再発、という悪循環が続いていくうちに、ステロイド外用薬に対する恐怖が増大していきました。

今でも覚えていますが、それまでステロイド外用薬を塗っていなかった顔に湿疹が現れたときは、とてもショックでした。

ステロイド外用薬を使用した人のうち、一部の人たちが、似たような経過を辿っていると思います。そして、不安を募らせながらも、身近に相談できる人はおらず、心身ともに不安定な状況が続くのです。

 

f:id:atopysan:20150916094619j:plain

 

失われる皮膚科医への信頼

この経過の間に、皮膚科医が解決できることはないのでしょうか。

ステロイド外用薬の治療を受けている人は、かかりつけの皮膚科医に対して、一度、ステロイドへの不安を口にしたことがあるかもしれません。けれども、大抵は、ステロイドは効果的で怖がるような薬ではないと聞く耳をもってもらえません。そうすると、患者は、この医師に相談しても無駄であり、お互い気分を悪くするだけだと感じて、以降、診察で相談することもなく、薬を処方してもらいに行くだけになるのだと思います。

大抵、皮膚科での治療はいつも同じです。ちらっと皮膚を見て、ステロイド等の薬を処方する。その繰り返しです。アドバイスはなし。診察に価値を見いだせなくなった患者が、他の皮膚科を訪れたり、皮膚科の受診をやめるようになることは想像に難くありません。

いくつかの皮膚科を転々とした場合は、メディアに露出のある大学病院の皮膚科を受診するというパターンが多いと思います。大抵は、大量にステロイド外用薬を塗るよう指導され、皮膚科はどこも同じなのだと考えるようになると思います。

現状では、ドラッグストアでステロイド薬を購入することもできます。一部の人たちは、皮膚科での処方を受けることなく、かゆみ止めを買うときと同じような感覚で、市販のステロイド外用薬を買い、使用しているかもしれません。この方が、皮膚科に通う時間をとられなくて済みますし、受診にあまり意味がないのだとすれば、合理的な行動です。しかし、この場合も、長期連用に陥る可能性が高く、事態は徐々に悪化していきます。

 

効かない薬からの離脱

結局、一部の人が長期連用に陥り、ステロイド外用薬の依存性や抵抗性が生じて、ステロイドがだんだんと効かなくなり、脱ステロイドに踏み切ることになるのだと思います。

皮膚科医からは「ステロイドが効かなくなることはない」という主張がなされることがあります。思うに、皮膚科医は、ステロイドが効かなくなるところを見たことがないのです。

患者は、薬が効かなくなって症状が悪化した場合、かかりつけの皮膚科医を訪れることは稀だと思います。自身の症状を悪化させた憎むべき対象だからです。皮膚科医の方では、患者の症状の悪化を知る由もありません。再診に来なくなったのだから寛解したのだと勘違いしていることもあるでしょう。

この悪化した患者は、他の皮膚科医を訪れることになります。他の皮膚科医は、ひどい炎症を鎮めるために、通常よりも「強力」なステロイド薬を「大量」に処方します。患者の症状がみるみる治まるのを見て、「ステロイドが効かなくなることはない」し、「ステロイドの塗り方が足りない」からだと思い込むようになります。しばらくの間は良いでしょう。しかし、患者が再診に現れなくなったとしたら、それはさらなる状況悪化のサインかもしれないのです。