アトピー覚書ブログ

成人型アトピー 脱ステ・脱保湿患者のブログ

アトピーのポイント

アトピー性皮膚炎について考えるとき、ポイントとなるのは、やはりステロイド外用薬の存在であると思います。

 

f:id:atopysan:20150916102134j:plain

 

日本皮膚科学会のガイドラインでは、アトピー性皮膚炎の治療において、ステロイド外用薬およびタクロリムス軟膏の外用療法が主とされています。これに対して、私は異論はありません。炎症を抑える作用に優れていることは身をもって知っているからです。ただし、たとえば、次のような記述は言い過ぎのように思います。

現時点において,アトピー性皮膚炎の炎症を十分に鎮静しうる薬剤で,その有効性と安全性が科学的に立証されている薬剤は,ステロイド外用薬とタクロリムス軟膏(Topical calcineurin inhibitor;カルシニューリン阻害外用薬)である.

「安全性が科学的に立証されている」という表現は、何を根拠に述べているのかわかりませんが、漠然としすぎています。ステロイド外用薬の作用機序がすべて解明されているわけではないでしょうし、タクロリムス軟膏ならなおさらです。

私は、ステロイド外用薬およびタクロリムス軟膏を使用した者の実感として、その使用後に起きたと感じられる変化があります(離脱時の激しいリバウンドとは別の、離脱後の長期的視点からの変化です)。

  • 汗に対して激しいアレルギー反応が生じる
  • 皮膚が極度に乾燥する
  • 掻破によって傷や糜爛が容易に生じる

もちろん、私個人の感覚にすぎませんし、薬との因果関係がはっきりしているわけでもありません。ただ、いずれもステロイド外用薬の使用前には経験したことはありませんでした。そのため、私個人としては、今後特別な必要が生じなければ、ステロイド外用薬を使用したくないと考えるわけです。

また、ステロイド外用薬を「長期連用」しなければ、副作用の被害はもっと抑えられたのではないかと思います。漫然と薬を長期連用した私にも落ち度はあります。けれども、私がステロイド外用薬およびタクロリムス軟膏を処方された時は、塗布する部位と1日の塗布回数の指示があったのみで、副作用についての説明は一切ありませんでした。その説明があれば、薬の使用についてもっと慎重になれたと思います。

ガイドラインをはじめ、皮膚科医側の発信する情報においては、「ステロイド外用薬は安全である」という主張に重きが置かれています。その危険性については、内服薬ならいざ知らず外用薬では副作用はあまり問題とならない、という主張がよく見うけられます。うがった見方をすると、責任逃れをしているようにも見えてしまいます。ステロイド外用薬の副作用を訴える患者が少なからずいるのですから、そうした人たちの存在を軽視せず、正面から向き合ってほしいと思います。

次に引用するのは、偶然に見つけた他科医師の記述ですが、私の気持ちを代弁してくれているように感じます。

名医とは、その時点でのマニュアルやガイドラインを遵守し、標準的治療を確実に実践できる医師のことだけだと思っているのではないでしょうか。しかし一方で、なぜ難治性疾患の治療成績がこれほどまでに向上したのかと思いを巡らすことも大切でしょう。そこには新たな診断法や治療法の開発に向けた先人の絶え間ない努力があったし、基礎医学の進歩、基礎研究成果の大きな貢献があったと思います。若い皆さんには、現在の難病の治療成績をさらに向上させる責務があります。そのためには、各症例の病態生理を詳細に理解しようとする姿勢、素朴な疑問を持つこと、新たな知見への興味と感動、新規治療戦略へのチャレンジ精神などが求められると思います。