アトピー覚書ブログ

成人型アトピー 脱ステ・脱保湿患者のブログ

温泉

温泉療法の覚書

温度 高温浴(43~45℃)激痒の鎮痒、短時間・間歇浴。細菌感染防止。草津の時間湯 "梅毒の菌を焼きつくす"。 普通温浴(38~42℃)発汗・清浄化・安静作用。 微温浴(34~37℃)長時間入浴。 浸透圧(食塩泉浴) 高張食塩泉(有馬、新安比、八塩) 等張食塩泉…

玉川温泉体験記

私が玉川温泉を訪れたのは、今から5年ほど前のことです。 当時は、保湿剤依存から離脱してまもない時期で、体じゅう傷だらけでした。ステロイドも保湿剤も使えないので、温泉で回復しようと考えたのです。 どこの温泉へ行こうか迷いましたが、アトピー性皮…

天下の霊湯・玉川温泉

天下の霊湯・玉川温泉 秋田県は田沢湖の北、八幡平の西にある玉川温泉。 湯治場のなかの湯治場といっても過言ではありません。 日本一の強酸性の水が、がんに効くという噂があります。万病に効くともいわれます。医者から見放された難病患者が最後の望みを託…

温泉水のpHと黄色ブドウ球菌

前回、草津温泉水の黄色ブドウ球菌に対する殺菌作用について触れました。 では、草津以外の温泉水でも同様の殺菌作用を期待できるのでしょうか? その答えを探るため、今回は、温泉水の黄色ブドウ球菌に対する殺菌作用を調べた研究をみてみます。 北海道立衛…

草津温泉のアトピー性皮膚炎に対する効果

魅力あふれる草津温泉 日本を代表する温泉地のひとつ、草津温泉。 群馬県の北西部、白根山の近くにあります。 上越新幹線や関越自動車道のルートから離れているので、ややアクセスに難があります。東京からは、車でも電車でも3時間以上はかかると思います。…

豊富温泉 立寄り記

豊富温泉(とよとみおんせん)に立ち寄ったときの感想です。 豊富温泉は、遥か北国の温泉です。 日本の最北端、宗谷岬のある稚内市の隣町、豊富町に豊富温泉はあります。 一般的には、飛行機で稚内空港を経由して訪れることになると思います。 豊富温泉の泉…

温泉についての個人的な考え

個人的体験から 私は温泉が好きです。 一般の人が温泉を好きになる理由とはまったく異なる理由であると思います。 私は、これまでの長いアトピー歴なかで、皮膚炎の症状がひどく悪化し、日常生活がままならなくなったことが何度かありました。そのたびに、あ…

温泉の基礎知識

温泉と療養泉 日本の温泉法は、「温泉」を次のように定義しています。 第二条 この法律で「温泉」とは、地中からゆう出する温水、鉱水及び水蒸気その他のガス(炭化水素を主成分とする天然ガスを除く。)で、別表に掲げる温度又は物質を有するものをいう。 …