アトピー覚書ブログ

成人型アトピー 脱ステ・脱保湿患者のブログ

鶏卵アレルギー発症予防の提言について

鶏卵アレルギー発症予防に関する提言

日本小児アレルギー学会が、2017年6月16日、「鶏卵アレルギー発症予防に関する提言」を発表しました。

アトピー性皮膚炎の赤ちゃんに、離乳早期から卵を少しずつ食べさせれば、卵アレルギーの発症を予防できるかもしれないというお話です。

日本小児アレルギー学会は、提言において次のように推奨しています。

アトピー性皮膚炎(痒みのある乳児湿疹を含む炎症性の皮膚炎)に罹患した乳児では,鶏卵の摂取が遅いほど鶏卵アレルギーを発症するリスクが高まるというエビデンスに基づき,鶏卵アレルギー発症予防を目的として,医師の管理のもと,生後 6 か月から鶏卵の微量摂取を開始することを推奨する.

 

従来は、乳幼児の血液検査において、卵黄・卵白・オボムコイド等で陽性の結果が出ると、食事から卵を除去することが一般的でした。

ところが、最近の研究結果から、卵を除去するのではなく、むしろ卵を早期から食べさせた方が、卵アレルギーを発症しにくいとする考え方が出てきました。

これはピーナッツでも同様で、乳児の離乳時期の早期からピーナッツを食べさせると、ピーナッツアレルギーの発症率が低いことが報告されています。

なお、ピーナッツオイルを含むスキンケアはアトピー性皮膚炎の発症リスクを高めることも報告されており、「皮膚」への接触はリスクを高め、「口」からの摂取がリスクを低めることが示唆されています。

 

皮膚バリア機能が低下した状態におけるアレルゲンへの接触により、アレルギー発症のリスクが高まるという指摘は、個人的には正しいのではないかと感じます。

経口免疫寛容については、スギ花粉症に対する舌下免疫療法が有効とされる例もありますので、こちらも一理ある気がします。

ですから、今回「鶏卵アレルギー発症予防に関する提言」が発表され、メディア報道を目にした際には、あまり違和感を感じませんでした。

しかしながら、実際に提言を読んでみると、素直に受け入れ難い面がいくつかありました。そこで、メディア報道で指摘されておらず、個人的に違和を感じる点について記したいと思います。

 

根拠となる臨床研究について

提言では、鶏卵アレルギー発症予防の効果を検証した、ランダム化比較試験が6つ紹介されています。今回の提言の根拠といえます。

しかしながら、うち4つでは、鶏卵早期摂取による鶏卵アレルギーの発症率に関して、統計学的に有意差をもって発症率が低いとは認められていませんでした。

有意差が認められたのは残りの2つにおいてです。ただし、片方のイギリスのEATスタディでは、6割以上の参加者が脱落しており、また intention - to - treat 解析においては有意差が認められませんでした。

一方、もう片方の日本のPETITスタディでは、鶏卵早期摂取の有効性が示唆されました。

  1. STARスタディ: オーストラリア, AD児割合100% → 統計学的有意差なし
    (早期摂取群でも3人に1人がアレルギー発症)
  2. STEPスタディ: オーストラリア, AD児割合0% → 統計学的有意差なし
  3. BEATスタディ: オーストラリア, AD児割合26% → 統計学的有意差なし
  4. HEAPスタディ: ドイツ, AD児割合8.5% → 統計学的有意差なし
    (アレルギー症状頻発、試験中止)
  5. EATスタディ: イギリス, AD児割合24% → 統計学的有意差あり
    (6割以上参加者脱落、intention - to - treat 解析で有意差なし
  6. PETITスタディ: 日本, AD児割合100% → 統計学的有意差あり

提言では、海外の研究と比較して,日本のPETITスタディでは「加熱全卵粉末」を使用したため,安全に実施できたと考えられるとしています。

また、PETITスタディでは、プロアクティブ療法が行われていました。 

参加者の多くはプロアクティブ療法を含めた積極的な外用療法により,食物アレルギーのリスクである AD のコントロール状況が良好であったことも早期鶏卵摂取者の発症率の低さに貢献したと推測される.

 

試験を各別にみると、PETITスタディの他は根拠に乏しいようにみえますが、複数のランダム化比較試験を総合的に分析したシステマティック・レビューは、鶏卵の離乳期早期からの摂取は鶏卵アレルギーの発症リスクを低下させると結論しています。

したがって、この提言は、PETITスタディおよびシステマティック・レビューによる評価を、鶏卵アレルギー発症予防の大きな根拠としているようです。

とはいえ、提言は、

近年,さまざまな質,量の鶏卵を用いた研究が報告されているものの,安全かつ効果的に予防効果の得られる方法については現在も研究段階にあり,今後の課題といえる.

鶏卵アレルギーの予防に最も有効で安全な摂取量や摂取頻度,開始時期,継続期間など,今後もさらなる大規模な臨床研究を要する検討課題は多い

とも述べています。

研究段階にあり、今後に検討課題を多く残している方法を、広く世の中に推奨してよいものなのかどうか、私には疑問が残りました。

 

鶏卵摂取までの道のり

また、鶏卵摂取を開始するまでには、いくつかの条件があります。

第1に、生後6か月未満の乳児であることです。

第2に、鶏卵アレルギーを発症していないことです。鶏卵感作が確認されている場合は、今回の提言の対象外です。

すでに鶏卵アレルギー(即時型,食物アレルギーの関与する乳児アトピー性皮膚炎)の発症が疑われる乳児に安易に鶏卵摂取を促すことはきわめて危険である

第3に、アトピー性皮膚炎の診断がある場合は、スキンケアやステロイド外用薬を中心とする薬物療法により、生後6か月前に寛解させる必要があります。

なお、この場合の寛解とは、「外用剤塗布の有無を問わず皮疹が消失した状態」を意味します。つまり、ステロイド外用薬を塗り続けていても、外用して皮疹が消失する状態であれば寛解とされます。

これらの条件を満たす場合に、医師の管理のもとで、本提言に準じた鶏卵摂取の開始が推奨されています。

f:id:atopysan:20170623073609j:plain

(日本小児アレルギー学会食物アレルギー委員会『鶏卵アレルギー発症予防に関する提言』「図2 アトピー性皮膚炎と診断された乳児における鶏卵導入のフローチャート」より)

 

個人的に心配すること 

鶏卵摂取の条件を満たすため、生後6か月未満の乳児に、ステロイド治療が行われることが心配です。

加えて、皮疹消失状態の維持やアトピー性皮膚炎のコントロールを名目として、プロアクティブ療法が行われる可能性が高いです。

そうすると、ステロイド外用薬の長期使用により、一部の赤ちゃんに副作用が生じるおそれがあります。

つまり、鶏卵アレルギーの発症を予防することはできても、ステロイドの副作用を発症するかもしれません。

提言には「今後もさらなる大規模な臨床研究を要する検討課題は多い」とあります。現時点では、あせらず、慎重に向き合う方が安全であると思います。